小麦粉を塩水をこねて伸ばしたものを切った日本の麺料理。

独自の方法でグルテンを鍛えることにより、独特の食感や喉越しを楽しむ。

粉、水、塩のどれがかけても美味しいうどんにはならない。ラーメンに比べて 全体的にシンプルであるだけに麺の良し悪しがわかりやすい、以外に奥が深い料理。

茹でたものをつゆにつけて食べたり(つけ麺)、カツオや昆布の出汁に醤油などで味付けしたかけ麺でたべる基本の食べ方から、昨今は生卵をかけたものや、カレーをかけるなど色々なバリエーションがある。

夏には冷たくサラダうどんとして、冬には鍋焼きなど、春夏秋冬に合わせたバリエーションがたのしめる。

讃岐うどんを筆頭に日本全国にうどん文化があるが、西は汁が薄く出汁が濃く、東は醤油で色が濃くなる。